拾い猫ヤマト

拾い猫ヤマト

日常を書いていきます

羽がはえた犬~羽犬塚(筑後市)

思いっきり大きいのが生えてます!

この日は大牟田へ行った帰りに信号待ちで発見しました!この銅像犬に羽生えてます
思わず焦って車の中から写真撮りました(汗)~なんとか無事撮れてましたw
そしてここが「羽犬塚(はいぬづか)」という地名だということが分かりました。

f:id:yamato1111:20161225202424j:plain

帰ってから調べてみたらなんと「豊臣秀吉」と関わりある伝説(約400年前)が由縁なのだそうです。
それも二つありまして・・・

㈠ この地に羽が生えた狂暴な犬がおりました。そして天下統一を目指し、薩摩の島津氏討伐の為遠征にきた「豊臣秀吉」の行く手を阻んでいました。そして最後羽犬を仕留めた秀吉はその羽犬の賢さ・強さに感動し「犬塚」をつくり葬った説。

㈡ 秀吉が遠征に連れてきた愛犬がまるで羽が生えているかの如く足の速い犬で、病死したとき悲しんだ秀吉が「犬塚」をつくり葬ったという説。

f:id:yamato1111:20161225202128j:plain

どちらにしてもちゃんと宗岳寺の「犬塚」にて大事に葬られている犬がいたようです・・・

「はね犬」ではなく何故に「はいぬ」と呼ぶのか?
(後から当て字にしたのかなという気もしますが・・・)
しかしそこは「羽の生えた犬がいた」のほうが伝説らしくていいですよね!

地名っておもしろいですね~九州のこの場所に「豊臣秀吉」が犬の為に寄進したなんて、調べてみると意外な歴史が分かって身近に感じます~

広告を非表示にする