拾い猫ヤマト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拾い猫ヤマト

日常を書いていきます

涼を求めて小城町~滝と鯉と猫

  日本の名水百選清水の滝

小城は母の菩提寺があるのでよく来ますが「清水の滝」はじめて寄ってみました。水しぶきガンガン浴びて~マイナスイオンもガンガン浴びてひんやりいい気持ちです~
小さい男の子3人連れた若いパパが遊ばせに来てました・・・1人で3人の面倒見て大変そうやね~あーうちは4人やったぁwなつかしいねぇうちは必ず皆違う方向に走っていったね・・・

f:id:yamato1111:20160716163738j:plain
       まだ山あじさいが咲いてました

      f:id:yamato1111:20160716163359j:plain 

f:id:yamato1111:20160716163044j:plain  f:id:yamato1111:20160716163452j:plain

 高さ75m、幅13mの清流が流れてきます。別名「珠簾(たますだれ)の滝」

荘厳で迫力があります。         

 f:id:yamato1111:20160716170550j:plain 

 鯉料理が名物

すごい 沢山のお店が立ち並んでいてびっくり!そしてお客さんもいっぱいです!

ちゃんと鯉の御供養もされているようです・・・
残念ながら私は鯉たべれないんですけどね~

       f:id:yamato1111:20160716163533j:plain 

f:id:yamato1111:20160716175628j:plain f:id:yamato1111:20160716163642j:plain

須賀神社

ヒャー凄い階段です!他の参拝者の方は途中で断念されてました。

しかし今回は頑張りました!私も何度引き返そうかと思ったけれどプチ高所恐怖症の私はもう戻るにも戻れない状態で(涙)
結構急な階段なので手すりが離せないんですけど、雨ですべりやすくてもう恐怖心との闘いでした!(やー大袈裟じゃなく)

 

f:id:yamato1111:20160716182224j:plain 

御本殿が山の中ひっそりたたずんでます。いい雰囲気なので是非上まで参拝しに来てほしいです・・・ただ153段はきついけど(汗)

延歴202(803)年観請で牛頭天王(須佐之男命)を祀っていて、佐賀、小城、杵島の崇廟の神社と古書に記録されています。1316年千葉氏が今の場所に祇園社を建立。後に須賀神社となる。前に流れる祇園川は蛍が飛び交う清流です。

 f:id:yamato1111:20160716164532j:plain

f:id:yamato1111:20160716164340j:plain f:id:yamato1111:20160716164920j:plain

f:id:yamato1111:20160716163849j:plain 

 f:id:yamato1111:20160716163948j:plain f:id:yamato1111:20160716164622j:plain 

豊臣秀吉がここに腰を下ろされたそうです!
撫でてきましたパワーもらっとこー!

  f:id:yamato1111:20160716165955j:plain   

社務所の猫ちゃん

       f:id:yamato1111:20160716194212j:plain

「御朱印」を書いていただく間、私たちの相手をしてくれました社務所の受付嬢です(笑)

       f:id:yamato1111:20160716165258j:plain 

えーと大地と一体化してますw小石がツボを刺激していい気持ちです。

       f:id:yamato1111:20160716170729j:plain

「猫ちゃーん」 「なに?」 呼ばれたらちゃんと返事してくれます。

f:id:yamato1111:20160716165445j:plain

ちょっと黄昏てます・・・

f:id:yamato1111:20160716165357j:plain

最後に     

旦那さんが「あー忘れとったー小城羊羹!」大好きなんですよ羊羹

また今度ね~来月のお盆にまたお墓参りする時に・・・ってもう1か月後(汗)