拾い猫ヤマト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拾い猫ヤマト

日常を書いていきます

冬の滝はきびしくて、美しいです~

  冬の白糸の滝~

f:id:yamato1111:20151213173351j:plain

     f:id:yamato1111:20151213173303j:plain

24mの落差らしいです。

滝にマイナスイオン効果があるか?

科学的根拠は・・・実は残念ながらいまのところないそうですが、

あんなに、騒がれてる割になんの根拠もなかったなんてショック

でも、森林の自然の中、流れ落ちる滝には何か癒されますね

水しぶきや、滝の音、または景色のせいなのか?科学的にはなくても、新鮮な空気があり気持ちが落ち着きます.

(車から、降りた途端空気が違います)

 

それに、寒っ

だいたい滝のあるところは山の奥なんでね

でも、それだけじゃなくて、ホントに空気が冷たくて、澄んでるかんじです。

こんな寒い時期に、滝観にくるのは、私たち夫婦ぐらいかと思ったら

結構いるんですね。人は滝が好きなんですね・・・小さいお子さん連れや、若いカップルまで〜

 

f:id:yamato1111:20151213192146j:plain

 

f:id:yamato1111:20151213174235j:plain

むかーし子供たちが小さい頃、(夏)ヤマメ釣って大喜びしてたな・・・

確か有料で、えー釣るの?って私は内心いやいやだったんですけどねw

子供らは楽しんでましたね

でも、残念なことに、子供たちはそんな思い出、全然覚えてないんですよね

 私が、ちょっと約束破った事は、何年経っても覚えてるのに・・・

 

f:id:yamato1111:20151213174622j:plain

来る途中で、出会った山羊さん

一匹しかいなかったんで、さみしかったんでしょうか?

私たちをみたら、上の方から、急いでやってきました。

餌なんて持ってないんで、写真だけ撮らせてもらったら

「えっー」って感じで、ずっと見ていて、悪い事しちゃいました。

 

なんでしょうね、

山羊さんって、いつも悲しげで、せつない顔してますよね~

このあいだの竈門神社にも、山羊さん飼われてたし、佐賀でもみた

f:id:yamato1111:20151103155654j:plain

今年はやたら、山羊さんに遭遇しました。山羊さんにご縁がある年だったので

山羊さん調べてみました。

なんと種類は216種類もいるんです。

どんな地形でも大丈夫で、粗食にも耐えるいじらしい動物です。

「山の羊」と書くので、やっぱり山や崖なんかが好きなんですよね

崖といっても、ほとんど垂直状態ですけど・・・群れで登って行く姿は圧巻です。

ふたつにわかれたひずめがとても丈夫なんですね

アルガンオイルで有名な、アルガンの実が好きで、なんと木に登って食べるんですよ

なんて器用などうぶつなんでしょう

 

毛は「アンゴラ」、うちにはないですが「カシミア」それぞれ山羊の名前がついてるんですね

(カシミアって名前だけで、お上品に見えてしまう)

防寒具、敷物、タペストリー、筆にも使われているんです。

 

日本の山羊はほとんどが、「ザーネン」と呼ばれ種類らしいです。乳房が発達しているから、お乳がいっぱいでるんですね

愛らしい顔してるから、愛好家が増えているらしいです

なかなかペットでは飼えませんけどね

かわいいイメージなのに、意外にたくましい動物でした。